家庭教師の仕事は自分を理解するところから始まります

目的に応じて教える

家庭教師の仕事は、子供に今理解したい内容の勉強を分かりやすく教えてあげることです。子供がどのような内容で家庭教師から勉強を教えてもらいたいのかを、把握する必要があります。担当する子供が苦手科目を克服したいのか、それとも進学のための受験対策の勉強をしたいのかを判断し、勉強を教えてあげなければいけません。

傾向として、苦手科目の克服をしたいと思っている子供は学力が低い傾向にあります。そのため家庭教師が親身になって、なぜその科目が苦手なのかを理解してあげる必要があります。そうすることで自分が担当する子供が少しずつ内容を理解して、苦手科目を克服することができます。どこで躓いているかをすぐに判断して、そこを中心にしっかり勉強を教えてあげることが重要です。

家庭教師が受験対策の勉強を教えるときは、志望校がどのくらいのレベルなのかを理解して、そのレベルに応じた学力が身につくように勉強を教えなければいけません。年代に応じて教える内容も異なります。そして、受験対策も異なります。まずは家庭教師が志望校のことを理解してあげることが重要です。さらに、子供のレベルに応じて受験対策のための勉強を教えてあげることが必要になります。

LINK